MENU
NEWS

「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」の施設名称が「HANEDA INNOVATION CITY」(略称:HICity)に決定

2019.08.20
NEWS

 鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、社長:押味 至一)、大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、社長:芳井 敬一)、京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、社長:原田 一之)、日本空港ビルデング株式会社(本社:東京都大田区、社長:横田 信秋)、空港施設株式会社(本社:東京都大田区、社長:甲斐 正彰)、東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:深澤 祐二)、東京モノレール株式会社(本社:東京都港区、社長:伊藤 悦郎)、野村不動産パートナーズ株式会社(本社:東京都新宿区、社長:福田 明弘)、富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、社長:助野 健児)の9社が出資する「羽田みらい開発株式会社」(本社:東京都大田区、社長:山口 皓章)が推進し、2020年夏頃の開業を予定している「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」(以下、「本事業」という。)について、施設名称を「HANEDA INNOVATION CITY※」(羽田イノベーションシティ)略称:HICity※(エイチ・アイ・シティ)に決定しました。

 「HANEDA INNOVATION CITY」の名称には、羽田「HANEDA」を日本の「INNOVATION」を発信する場所「CITY」として発展させていきたいという本事業に対する想いが込められています。またロゴマーク※は漢字の「羽」をモチーフにしています。

 今後更なる国際化が期待される羽田空港の国際線ターミナルから1駅1分の京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋駅」の直上に位置し、駅直結というポテンシャルを活かし、羽田から世界にむけて、まだ見ぬイノベーションを発信します。