MENU

HANEDA INNOVATION CITY

2020年、羽田から世界に向けて、まだ見ぬイノベーションが飛び立ちます。 2020 TAKE OFF

LANGUAGE

NEWS

CONCEPT

羽田はずっと、イノベーティブな場所でした。
異なる発想や文化が共存し、
新たな価値を生み出すまちとして
その歴史を刻んできました。

このエリアは、かつてのどかな漁師町でした。
やがて広い干潟を利用して「東京飛行場」が開港し、
新しいこころみだった海苔の養殖と、
新しい技術でつくり出された飛行機が、
ひとつのフレームの中で、共に風景を彩るようになります。
その後も、様々な価値観を受け入れ、発展させながら、
日本の玄関口「羽田空港」として
世界中の新たなヒト・モノ・コトをこの国に運んできました。

そしてこれから。
そんな羽田の革新性を象徴するかのような、
新たな都市がこの場所に生まれます。
羽田イノベーションシティ
町工場が育んだ技術と、最新テクノロジーの融合。
伝統文化と、現代アートの融合。
羽田がずっとそうであったように、
異なる価値が行き交い、交錯することで、
日本の次なるイノベーションを生み出していきます。

2020年、
⽻⽥から世界に向けて、
まだ見ぬイノベーションが飛び立ちます。

AREA

ようこそ。
日本の、イノベーションの玄関口へ。

羽田は世界中、日本中から人が集まってくる日本の玄関口。
そして羽田空港周辺は、
今後もさらなる国際化が期待されているエリアでもあります。
多摩川河口域の豊かな水辺と緑に囲まれ、
独自の産業と文化を育んできた羽田の、
歴史と記憶が刻まれた広大な敷地の上に、
まったく新しい街
「HANEDA INNOVATION CITY」は生まれます。
それは、この場所ならではのポテンシャルを活かし、
新たな体験や価値を生み出していく未来志向の街づくり。
あらゆるボーダーを超えて多様な人が集まり、
交差することで、
ここでしか叶わないイノベーションの扉を開いていきます。

NEW CITY

「HANEDA INNOVATION CITY」は商業・オフィスなどからなる大規模複合施設です。
グルメ、日本文化、ライブイベントといった体験をお届けする一方で、
研究開発施設、先端医療研究センター、コンベンション施設なども整備されています。
それらが交わることで、この街だからこその過ごし方が生まれていきます。

施設情報は今後更新する予定です。

INNOVATION

この街で過ごす、
すべての人にイノベーションを。

「HANEDA INNOVATION CITY」には2つのコア産業があります。
先端の領域では「先端モビリティ」「健康医療」「ロボティクス」などの未来の暮らしをつくる企業が集まります。
文化の領域では「伝統」「観光」「食」「温泉」「音楽・映像・演劇」「芸術」という分野を軸に施設を整備。ジャパンカルチャーの魅力を国内・国外へ発信していきます。
それらがひとつの街の中で融合することで、様々なヒト・モノ・コトの分野を超えた交流を誘発。ビジネスでも、プライベートでも、ここに訪れるすべての人にイノベーションを提供していきます。

先端産業×文化産業
SMART MOBILITY
MUSIC
ROBOTICS
FOOD CULTURE
HEALTH CARE
TRADITION

ACCESS

羽田空港と隣接し、
2つの路線が交差する「天空橋」駅と
直結する軽やかなアクセス。

OUTLINE

事業概要

プロジェクト名
羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)
所在地
大田区羽田空港一丁目・二丁目の各一部
全体敷地面積
約5.9ha
事業主体
羽田みらい開発株式会社

[出資企業 9社]

  • 鹿島建設株式会社
  • 大和ハウス工業株式会社
  • 京浜急行電鉄株式会社
  • 日本空港ビルデング株式会社
  • 空港施設株式会社
  • 東日本旅客鉄道株式会社
  • 東京モノレール株式会社
  • 野村不動産パートナーズ株式会社
  • 富士フイルム株式会社

建物全体概要

用途
研究開発拠点(ラボ・大規模オフィス)・医療・滞在施設・会議場・イベントホール・商業店舗・水素ステーションなど
延床面積
約131,000㎡
構造
鉄骨造・鉄筋コンクリート造
鉄骨鉄筋コンクリート造
規模
地上11階・地下1階
開業スケジュール
2020年まち開き(先行施設開業)
2022年グランドオープン

※掲載の概要は、2019年8月のものです。

DOWNLOAD

「HANEDA INNOVATION CITY」の
より詳しい情報はこちらから。

COMPANY

[羽田みらい開発株式会社]